イベントサムネイル

【ひらめき☆ときめきサイエンス 2019】 身の回りの色のふしぎ!

  要予約
  • 対象 中学生

開催情報

日時
2019年 8月22日(木)
9:30~16:00
場所
サレジオ高専 機械電子工学科 教室
指導者
教授: 黒木 雄一郎
定員
20名
持ち物
飲み物(水筒orペットボトル)筆記用具昼食(お弁当) (服装は自由)
参加費
無料

お申し込み

注意事項

プログラム概要

ひらめき☆ときめきサイエンス 2019 身の回りの色のふしぎ! フルカラーLED調光器の製作と光の三原色に関する実験

本プログラムでは、フルカラーLED調光器を製作し、光の三原色と混色の概念を体感してもらいます。様々な物質の「色」が光の吸収、反射、透過によることを実験により確認します。特に、フルカラー印刷物に様々な光を照射したときの見え方や、色のついた液体(紫キャベツ液など)の光透過について調べます。 (製作したフルカラーLED調光器物は持ち帰れます!)

スケジュール
 9:30-10:00
受付(サレジアンホール)
10:00-10:30
開校式(挨拶、諸注意など)
10:30-10:45
休憩と誘導 → 機械電子工学科3学年教室
10:45-11:15
本日のプログラム、科研費の説明
11:15-12:00
講義「光の三原色と身の回りの色について+安全教育」(講師:黒木雄一郎)
12:00-13:00
昼食・休憩
13:00-13:15
休憩と誘導 → 機械電子工学科実験室
13:15-14:00
実習①フルカラーLED調光器の製作
14:00-14:45
実習②フルカラーLED調光器の製作(継続)
(終了後 10分休憩)
14:55-15:40
実習③フルカラーLED調光器による反射・透過実験
(終了後 10分休憩)
15:45-16:00
修了式(アンケート記入、未来博士号授与、挨拶)、解散

講師紹介

機械電子工学科 黒木 雄一郎教授

子供のころから工作が好きです。小学校で始めた電子工作は今でも自分の趣味になっており、アマチュア無線の受信機や真空管アンプを作っています。
研究内容は電子部品の中身の一種「電子セラミックス」に関するものです。このプログラムでは、電子工作を通して光るセラミックスについて学びます。

黒木 雄一郎 教授

このプログラムについて (local)

本プログラムは、 以下のJSPS科研費の助成を受けたものです。

JPCS科研費No
19HT0099
研究代表者
黒木雄一郎
研究期間
H26-27
研究種目
若手研究(B)
課題番号
26820292
研究課題名
水を含んだ結晶構造を有する蛍光体の構造解析と発光メカニズムの解明

このイベントについて (local)

「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI)」について

大学や研究機関で「科研費」(KAKENHI)により行われている最先端の研究成果に、小学5・6年生、中学生、高校生の皆さんが、直に見る、聞く、触れることで、科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。

ひらめき☆ときめき サイエンス|日本学術振興会

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせは、以下の窓口にお願いします。

サレジオ工業高等専門学校
担当: 総務施設課 里川
電話: 042-775-3020(代表)

お申し込み

ひらめき☆ときめきサイエンスのお申し込みは、日本学術振興会「ひらめき☆ときめきサイエンス」の公式Webサイトで行います。

注意事項

このプログラムについて

本プログラムは、 JSPS科研費 19HT0100 の助成を受けたものです。(JSPS KAKENHI Grant Number JP19HT0100

このプログラムと関係する先生(実施代表者)の科研費
研究代表者
研究期間
研究種目
課題番号
研究課題名
この科研費について、さらに詳しく知りたい方は...

以下のデータベースをご利用ください。

国立情報学研究所 科研費データベース

このイベントについて

「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI)」について

大学や研究機関で「科研費」(KAKENHI)により行われている最先端の研究成果に、小学5・6年生、中学生、高校生の皆さんが、直に見る、聞く、触れることで、科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。

ひらめき☆ときめき サイエンス|日本学術振興会

ひらめき☆ときめき サイエンス ロゴ

おすすめ

受験生の皆様におすすめのイベントを以下のリンクからご覧になれます。

受験生におすすめのイベント

受験をお考えの方へ (受験生向けイベント一覧)

サレジオ高専
Return to OFFICIAL Page

©2016 Salesian Polytechnic. All Rights Reserved.