• 画像: 記事サムネイル
  • 画像: 土屋樹生さん
  • 画像: 岩下真輝さん

【受賞】第34回電気設備学会全国大会発表奨励賞

専攻科の土屋さんと岩下さんが「第34回電気設備学会全国大会」で発表奨励賞を受賞しました

2016年9月6日~7日、岡山県岡山市の岡山大学津島キャンパスで行われた「2016年(第34回)電気設備学会全国大会」に機械電子工学科/専攻科 米盛研究室の学生11名が発表し、専攻科2年生の土屋 樹生さんと1年生の岩下 真輝さん (指導教員:米盛 弘信准教授)が電気設備学会全国大会発表奨励賞を受賞しました。

学会名
電気設備学会(第34回電気設備学会全国大会)
開催地
岡山大学津島キャンパス(岡山県岡山市)
受賞者
専攻科2年 土屋 樹生
専攻科1年 岩下真輝

受賞者

専攻科 2年 土屋 樹生さん
土屋樹生さん
土屋さんの賞状
■受賞論文
  • 加熱コイルと缶に隙間がある場合の加熱効率と温度分布の解明
■論文要旨

近年、燃料の枯渇や環境問題が懸念されており、リサイクルや省エネルギ化が促進されている。しかし、増加傾向にあるコンビニエンスストアや自動販売機ではホット缶飲料を提供するために、抵抗加熱式缶飲料加熱装置による常時加熱が行われ、膨大なエネルギが消費されている。そこで、抵抗加熱式缶飲料加熱装置の問題点を解決するために、急速加熱が可能な誘導加熱(Induction Heating:IH)を用いた缶飲料加熱装置が研究されている。先行研究では、スチール缶を対象とした報告事例が多い。そこで本研究室では、アルミ缶の加熱が可能なオールメタル対応缶飲料誘導加熱装置を検討している。また、近年、缶飲料製造過程における殺菌処理技術の向上により、スクリューキャップ付きのホット・コールド兼用の大型アルミ缶が増加している。したがって、飲料缶のサイズを問わず、より汎用的な缶飲料誘導加熱装置の提案を目指している。本稿では、汎用的な缶飲料誘導加熱装置実現のために、形状と材質の異なる缶に対して同一形状の加熱コイルで誘導加熱を行い、缶形状が加熱効率に与える影響と加熱時の温度分布を実験的に明らかにしたので報告する。

■受賞学生メッセージ

第34回電気設備学会全国大会にて、「発表奨励賞」を頂けたことを非常に光栄に思っております。このような受賞の機会を頂きましたのは、米盛先生、また先輩方のご指導の賜物であると存じます。このたびの受賞を受けましたことを胸に、今後とも努力を傾注し、精進していく所存です。

専攻科 1年 岩下 真輝さん
岩下真輝さん
岩下さんの賞状
■受賞論文
  • 感熱弁を用いた自動冷却によるPVモジュールの発電量向上に関する検討
■論文要旨

屋外に設置されているPVモジュールの表面温度は、太陽光、外気温、風速などの要因により常に変動している。夏季は、PVモジュールの表面温度が最高50℃~60℃まで上昇する。一般に日射量が多くなると、発電量の向上が期待されるがPVモジュールの表面温度が上昇すると発電効率は低下する。改善策として、PVモジュールに散水して表面温度を下げる手法が提案されている。筆者らの先行研究では、感熱弁を用いてPVモジュールを自動冷却することが可能である事を解明した。この手法は、電動弁ではなく感熱弁を用いることにより電力を消費せずにPVモジュールを自動冷却することができるものである。また、冷却の際に水を使用するため、水源が必要となる。先行研究では水道水を用いて実験を行った。しかし、水道水にはカルキなどの不純物が混入しており、PVモジュールに付着する等の問題が懸念される。そこで、筆者は水源を水道ではなく、貯水タンクとし先行研究と同様に自動冷却することができるのではないかと考え、検証実験を試みた。本稿では、貯水タンクの水を水源とした場合において、感熱弁によるPVモジュールの自動冷却が可能であるかを明らかにする。

■受賞学生メッセージ

この度、電気設備学会にて「発表奨励賞」という名誉ある賞を頂いたことを光栄に思います。私が受賞できたのは、米盛先生や先輩方の手厚い添削や的確なアドバイスによるものだと感じており、深く感謝しております。今後も、本受賞を励みとして更なる知識の習得に努めていく所存であります。

指導教員

機械電子工学科 米盛 弘信准教授
米盛弘信准教授
■指導教員メッセージ

このたび、土屋君・岩下君が「全国大会発表奨励賞」を受賞し、指導教員として大変嬉しく思います。土屋君が研究に従事している誘導加熱は、急速加熱ができることなどから様々な応用分野があります。また、岩下君が取り組んでいる太陽光発電も自然エネルギとして注目されて数多くの機関で研究されております。しかし、応用分野の拡大と共に工学的な課題が数多く浮上しています。本研究室では、これらの身近な課題に対して学生と教員が一緒になって実験ベースで研究に取り組んでいます。これからも社会に貢献できるように学生共々がんばってまいりますので、よろしくお願いいたします。

フォトアルバム

懇親会後の記念写真
土屋さんの発表
サレジオ高専
Return to OFFICIAL Page

©2016 Salesian Polytechnic. All Rights Reserved.