• 発表の様子
  • 集合写真

【受賞】電力エネルギー技術関東私学連合ブランチ発表会2021

機械電子工学科の学生が優秀発表賞を受賞しました

2021年12月11日、東京都新宿区の工学院大学で行われた「2021年電力・エネルギー技術関東私学連合ブランチ学生発表会」(電気学会B部門学生ブランチ活動)に機械電子工学科/専攻科 米盛研究室の学生5名が発表し、機械電子工学科5年生の佐々木 楽人さん(指導教員:米盛 弘信 准教授)が優秀発表賞を受賞しました。

受賞概要(学年は2021年度当時)

受賞論文 IHクッキングヒータ使用時におけるコンロ間の干渉音に関する研究 -測定位置と干渉音の関係-
受賞者
佐々木 楽人(5年 機械電子工学科)
米盛 弘信(機械電子工学科 准教授)
受賞名
電力・エネルギー技術関東私学ブランチ学生発表会 優秀発表賞
受賞日
2021年12月11日
論文要旨

近年、IHクッキングヒータ (以降 IH調理器 )が普及している。 2口コンロタイプのIH調理器は、2つのコンロ間の周波数差が原因で干渉音を発するためVPCF(Variable Power Constant Frequency)制御が行われている。しかし、干渉音に関する詳細な参考文献が見受けられない。また、IH調理器から高周波騒音が発生するという報告がある。IH調理器を含むインバータ機器は、インダクタ等から高周波騒音が発生するが、パワーエレクトロニクス機器の干渉音に関する研究事例は少ない。音響工学分野では、超音波における干渉音として、パラメトリック差音が有名であるが、筆者らは同知見をパワーエレクトロニクス機器にも応用できないかと考えた。そこで、本研究では測定位置やIH調理器の距離によって変化する干渉音について解明する。

本稿では、駆動周波数の異なる2つのIH調理器を同時に駆動させたときに発生する騒音について、測定マイクの位置を変化させた際の干渉音を測定し、測定位置と干渉音の関係を明らかにする。

表彰状

表彰状

大会概要

名称
2021年電力・エネルギー技術関東私学連合ブランチ学生発表会
期日
2021年12月11日
会場
工学院大学(東京都新宿区) ※対面とオンラインのハイブリッド開催

☆本発表会は、 一般社団法人電気学会B部門学生ブランチ活動の支援を受けて実施しております。

サレジオ高専
Return to OFFICIAL Page

©2016 Salesian Polytechnic. All Rights Reserved.